水辺の花々

毎年一度は訪ねる箱根仙石原の湿生花園。
今回は水芭蕉には遅かったけれど 芽吹き始めた樹々と沢山の花々に出逢えて心が洗われた。

c0051102_10135360.jpg
c0051102_1022644.jpg
ダイコンソウ・オオバナエンレイソウ
シラネアオイ・クマガイソウ
ミツガシワ・ ヤマブキソウ

[PR]
# by harappasan | 2016-04-24 00:41 | 花・花・花

河津ざくら

昨日わが庭の梅がほころび始めたばかりなのに、
三浦海岸の駅前は河津桜が満開でビックリ。
この花は一番早く春を感じさせるので人気があるようだけれど、
なんだか急がされているような気持になった。
c0051102_14392681.jpg
c0051102_14381257.jpg
c0051102_14400533.jpg
c0051102_14402561.jpg


[PR]
# by harappasan | 2016-02-27 15:09

暖かいお正月

春が来たかと思うほど暖かいお正月。
上野の東京国立博物館前の広場にはチューリップがいっぱい。
c0051102_16114224.jpeg

新年の特別企画「博物館に初詣」を観てた後 女性グループの若さ溢れる和太鼓元気を貰った。

c0051102_00075655.jpeg

山下へ歩いて行くと、寛永寺前の寒桜(?)が咲き始めていた。

c0051102_16213307.jpeg

[PR]
# by harappasan | 2016-01-03 16:30 | 日記

冬の楽しみ

一年で一番日の暮れが早いこの時期は 私の一番キライな時期だけれど、
楽しいこともある。街のイルミネーションが早くから輝くこと。
今日は12月にしては暖かくて 久しぶりに美しいイルミメーションをゆっくりと眺めることが出来た。
c0051102_23180734.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-12-12 23:35

ジャカランダの町 Grafton

「南半球の桜」とも言われるジャカランダを初めて見たのは11年前。
遠い昔だけれど この季節には必ず思い出すあの美しい薄紫の町グラフトン。
オーストラリア大陸の東海岸の中ほどにある小さな町。
200年以上前に初代の町長さんが町中に植えたものだとか。
今、春真っ只中、町じゅうが薄紫色に染められていることだろう。
毎年10月の最終土曜日から11月の最初の日曜日まで催される
「ジャカランダ フェスティバル」も年々賑やかになっているようだ。
http://www.jacarandafestival.org.au/main.html


c0051102_19045862.jpg
c0051102_19065601.jpg
c0051102_19075556.jpg


[PR]
# by harappasan | 2015-10-30 19:12 | 花・花・花

早い秋


年は猛暑続きのあと 急に秋が駆け足でやってきた。
体調を崩している人も多く、身の回りの些細なことにも変化しているようだ。
例年きちんとお彼岸に咲くヒガンバナが 一週間以上早くから咲きはじめ
もう盛りを過ぎてきたと思ったら、昨日群馬県の沼田でも満開だった。
c0051102_13405242.jpg
c0051102_12473350.jpg
 


[PR]
# by harappasan | 2015-09-18 13:43 | 日記

遅い夏休み


c0051102_19113310.jpg
8月も終わりに急に涼しくなってから 遅い夏休みで裏磐梯に来た。
早くもススキ。霧雨の肌寒い青沼。
c0051102_19064790.jpg
c0051102_15011258.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-08-31 19:02

今年もカラスウリ

c0051102_21470159.jpg
夏の愉しみ、暗闇(18:00 ~ 22:00頃)に咲くカラスウリの花。
花びらの繊細なレースは見飽きることがない。
気ままに伸びている蔓に蕾を見つけると、日暮れを待ってカメラを持ち出す。
撮りやすいところには咲いてくれないから、手持ちで撮るほかない。
懐中電灯やら ヤブ蚊よけの蚊取り線香やら 踏み台やら…。
それでも満足なものは撮れない。
というわけで 限られた能力と機材で毎年チャレンジということになる。
愉しみは尽きない。


[PR]
# by harappasan | 2015-07-16 21:49 | 花・花・花

梅の実の季節はジャム作り

毎年この時節 庭の梅でジャムを作ります。
梅干し作りの上手な友人が亡くなってから、私にもできるジャムになりました。
料理に疎いので、少しでも手間をかけない方法を・・・と考えていますが、
採れたての新鮮な実なので 料理の腕はいらないようです。

超 シンプルな作り方を紹介します。
c0051102_19233054.jpg
ホーロー鍋 または 土鍋に 梅の実(熟したのがよい) 600g と 水 400cc を入れ
煮立ったらすぐ湯を捨てる
c0051102_19255658.jpg
砂糖 300g と水 50cc を加え 煮立ったら弱火にして
静かにかき混ぜながら20分くらい煮る。特にあくは掬わない
c0051102_19264048.jpg
皮と実が溶けてトロトロになったら火を止めて種をつまみ出す
熱いうちに熱湯消毒したビンにつめ、冷めてからフタをする
この種はなめると美味しいので 捨てずにお茶うけにどうぞ
[PR]
# by harappasan | 2015-06-18 20:29 | 日記

紫陽花・あぢさゐ・Hydrangea

c0051102_07084049.jpg
6月は雨の日が多いけれど好きな季節
日が長く たくさんの花が見られるから
特にあじさいは何処を歩いていても目に入り
種類も多くて楽しい
c0051102_07085302.jpg
c0051102_07091521.jpg
c0051102_07082286.jpg


[PR]
# by harappasan | 2015-06-07 07:20 | 花・花・花