ジャカランダの町 Grafton

「南半球の桜」とも言われるジャカランダを初めて見たのは11年前。
遠い昔だけれど この季節には必ず思い出すあの美しい薄紫の町グラフトン。
オーストラリア大陸の東海岸の中ほどにある小さな町。
200年以上前に初代の町長さんが町中に植えたものだとか。
今、春真っ只中、町じゅうが薄紫色に染められていることだろう。
毎年10月の最終土曜日から11月の最初の日曜日まで催される
「ジャカランダ フェスティバル」も年々賑やかになっているようだ。
http://www.jacarandafestival.org.au/main.html


c0051102_19045862.jpg
c0051102_19065601.jpg
c0051102_19075556.jpg


[PR]
by harappasan | 2015-10-30 19:12 | 花・花・花
<< 冬の楽しみ 早い秋 >>