カテゴリ:旅( 26 )

アラブの印象 4 Sharjah Calligraphy Museum

アラブ首長国連合のうちのひとつシャルジャ首長国の旧市街、
白い壁にはさまれた細い路地を抜けた所にある「Calligraphers'Studio」
日本でいえば書道会だろうか。
その隣にある小さな美術館に案内された。
アラビア文字の美しさは知ってはいたけれど その芸術的な作品の数々に完全に魅了されてしまった。
文字が全く読めないので 文の内容が分からなのが本当に残念だった。
c0051102_22512015.jpg
c0051102_22533937.jpg

c0051102_22562858.jpg

c0051102_22572547.jpg

c0051102_225515.jpg
c0051102_22552634.jpg

c0051102_234179.jpg

[PR]
by harappasan | 2015-02-08 23:04 |

アラブの印象 3

アラビア半島の南東あるオマーンは1970年に独立した新しい国。
人々が国王を愛し尊敬している穏やかな国という感じで認識を新たにした。
砂漠と岩山の間を縫う整備された広い道路は快適で、
税金ゼロ、5歳から17歳までの義務教育は無料、ガソリン1リットル40円、
治安がよく、事件を起こすのは外国人がらみとのこと。
国民のほとんどがイスラム教で、街々のモスク(イスラムの教会)が美しい。

首都マスカットの中心にある壮麗な「王のモスク」に驚かされた。
c0051102_231470.jpg
c0051102_2312932.jpg

街や砂漠のオアシスの村の小さなモスクが可愛くて
走るバスの中から夢中でシャッターを切った。
c0051102_234329.jpg

c0051102_23102193.jpg
c0051102_2311681.jpg
c0051102_23113993.jpg
c0051102_2312422.jpg

これは建築中の国立の大きなモスク
c0051102_23154498.jpg

[PR]
by harappasan | 2015-01-13 23:16 |

アラブの印象 2

未知の国を訪ねるのは、いつもわくわくするけれど
今回は情報の少ないアラブの国々を、ほとんど予備知識を持たずに行くことにした。
イスラム教についても、アラブ首長国連邦が七つの国からできていることも、
石油や天然ガスでどんなに豊かになったかも、
その国で現地ののガイドさんから教えられると鮮烈な印象が心に焼き付く。

アブダビ空港からドバイを通ってシャルジャ首長国に入った。
片側7車線の整備された道路が砂漠の中を貫き、
街に入るとその大道路が渋滞しているのにビックリした。そして殆どが日本車。
c0051102_2324247.jpg

アブダビの超近代ビル群
c0051102_2364766.jpg

ドバイのグランドモスク
c0051102_2391585.jpg

[PR]
by harappasan | 2015-01-08 23:12 |

アラブの印象 1 オマーンで越年

初めて海外で年を越した。
2014年最後の日没の瞬間は アラビア半島のマスカットの海岸で。
c0051102_22145327.jpg


[PR]
by harappasan | 2015-01-02 22:23 |

津和野・萩・宮島

初めて本州の西端を旅した。
東京ローカルの私にとっては、どこへ行っても色々なカルチャーショックがあって楽しい。
古い街をどうやって残すか、その土地の人々の苦心が伝わってくる。
ヨーロッパのように旧市街・新市街をきちんと分ける知恵が日本にもっと早くあれば…とつくづく思う。
c0051102_2174458.jpg
c0051102_2181445.jpg

[PR]
by harappasan | 2014-02-18 21:09 |

初めてづくし

初めて一人で国際線に乗り、初めて日本語の通じない生活を一週間体験した。
20年程前にひょんなことで知り合いになったオーストラリア人に招かれて、
77歳にして初めてのホームステイとというわけ。
いつも添乗員任せの空港での手続きも何とかクリア、機内で一晩、翌朝バスも間違えずゴールドコーストに辿り着くともうヘトヘトだった。
彼女はすっかり予定を立てあり、毎日あちこち日本車で私を連れ出して一緒に楽しんだ。
これはリビングルームからの眺め
c0051102_1636446.jpg

そして初めてクジラを目の前で見る機会を持った。
c0051102_1638462.jpg

冬とは言ってもエアコンはほとんど不要、昼間はこんなです
c0051102_16422043.jpg

一番高いビル77階から
c0051102_16444440.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-08-28 16:46 |

台湾の文字

台湾を旅して 感じたことは
文字はほとんど読めるのに 話がまったく出来ないもどかしさ

たとえば移動中のバスから見る街にあふれる漢字

電脳中心 (コンピューターセンター) 購物中心 (ショッピングセンター)
留學美語職訓機構 (留学英語教室)
便利商店 (コンビニ) 自助中油 (ガソリンスタンドのセルフ)
衣洗 (クリーニング屋) 牙醫 (歯科)
飛色髪 (メッシュヘア) 仮髪 (かつら) 
孕服(マタニティウェア)・・・全て意味は分かるのに声に出せない

中でも面白かったのが 麥當勞 (マクドナルド)
カタカナの有難さを痛感した
c0051102_12205242.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-03-15 12:32 |

奈良の道

10月8日 快晴
近鉄 西ノ京駅から 唐招提寺へ歩く
はじめてなのに この道は不思議と心が和む

c0051102_22381316.jpg

c0051102_22431633.jpg


c0051102_22373188.jpg

c0051102_2244082.jpg

[PR]
by harappasan | 2012-10-11 22:44 |

那須高原

梅雨前の快い日の那須高原  山ツツジの群生が鮮やかだった
c0051102_216505.jpg

  はるりんどう   ちごゆり              やまえんごさく
c0051102_2119873.jpg

[PR]
by harappasan | 2012-06-12 21:19 |

佐渡のハイテク

新潟港からフェリーで二時間半以上
佐渡はやはり遠い島、街中でもWiFiはつながりにくいし・・・
でもその分のどかな風情も優しい人情も楽しめてよかった

ところが、観光施設にはハイテク・ハイテク
等身大のロボットがリアルに動き、おしゃべりまでするのに!ビックリ!
歴史伝説館では順徳天皇や日蓮上人・・・
佐渡金山の坑内では働く人々が・・・

好き嫌いは別として一見の価値はあります
c0051102_19481168.jpg

[PR]
by harappasan | 2012-05-26 19:48 |