カテゴリ:日記( 55 )

雨の箱根  Hakone in the rain

今週唯一の雨の日 ハイキングのお仲間と箱根を巡りました
見慣れた風景も雨に煙ってまた違った印象でした 
c0051102_18384019.jpg
c0051102_18385693.jpg

c0051102_18515722.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-11-16 18:51 | 日記

朴の実

朴に実がなるのは数年に一度、それも一つか二つなのに
今年はいくつもなって、色も赤い。
70年以上付き合っているけれどこんなことは初めてでビックリ。
このところの異常気象のせいだろうか?
c0051102_22221485.jpg

5月に咲いた花です。
c0051102_22263333.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-09-13 22:23 | 日記

ファインバーグ コレクション展

あまり見ることがない江戸時代の絵画を見る貴重な展覧会。
米国人夫婦が1970年代から蒐集したもので、夫妻の好みか生活感があり暖かい作品が多かった。
初めて名前を聞く画家も多く、江戸時代後期にこんなに優れた画家が大勢居たこと、それを選ぶ彼等の鑑識眼と財力、またいずれも表装し直したものでその見事さ…驚くことばかり。
満ち足りた一日だった。
c0051102_18363529.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-07-06 18:34 | 日記

梅ジャム作り

梅雨も本格化し 庭の梅が熟してきた
今年は生り年らしく数が多く実も大きい
年に一度のジャム作り

二月に薄ピンクの美しい花を眺め
六月に香り高いジャムを味わう
今は亡き友が植えた豊後梅 彼女にこの楽しさを届けたい
c0051102_1853411.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-06-18 18:57 | 日記

朴の花の絵手紙

昨日 通りがかりの女性に朴の花をさし上げたら
今日 こんな絵手紙が…
なんという幸せ!
c0051102_952265.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-05-04 09:58 | 日記

朴の葉のかざぐるま

朴の花が次々に咲き出した
強い匂いで通る人が見上げて行く

ひとりの犬をつれた男性 
「これはホウですね?
子供の頃このハッパでかざぐるまを作って遊んだものです」 
と言って作り方を教えてくれました

「こうやって葉を半分にちぎって木の枝をさし
その枝を細い竹にさすと風で回るんです」

忘れないうちに…とカメラに
竹がないので代わりにジョウロの口に入れたら あらほんと!
クルクルよく回ります 
昔の子供の遊びの素晴らしさにに感動!
c0051102_1124985.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-05-02 11:27 | 日記

日比谷に鶴?


いつものように日比谷公園を抜けようとしたら池に鶴(?)が居た
とっさにカメラを取り出して慌ててシャッターを切ったら
あっという間に飛んでいってしまった
一瞬のチャンスだった

あの池に住んでいるのか 皇居のお濠から来たのか
待っていたらまた戻ってくるのか
もしかして あの噴水の鶴の化身…?

調べてみたら アオサギ らしい
とにかく私が撮った最初の鳥

c0051102_2323963.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-04-28 23:31 | 日記

風邪を忘れていた!   1月28日

長年忘れていた本格派の風邪をひいてしまった。
対処法も忘れていた。
十何年しまってあった体温計で 38.5C これ当てになるのかしら?
どうにも動けない二日間が過ぎ、お医者にと思ったら週末でお休み。
やっと人間らしくなった朝、この冬二度目の雪がうっすらと…
これなら雪かきは要らないと安心し、一足外に出て一枚だけ撮った。
c0051102_2043987.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-01-28 20:46 | 日記

雪のあと   1月15日

昨日は思いがけない大雪
物置までシャベルを取りにもいけず 凍らないうちにと
手近な塵取りで通り道だけを除雪 3時、5時、7時
二階の屋根から雪塊が地響きを立てて落ちる
こんなことは記憶にない、よほど水分が多い雪らしい

見慣れた道がなにか見知らぬ空間のように見えた
c0051102_8261750.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-01-15 22:55 | 日記

2013 初詣

快晴の元日
初詣は久能山東照宮へ
三保の海岸からの富士は最高に美しい
c0051102_23134674.jpg

[PR]
by harappasan | 2013-01-05 23:16 | 日記