今年もカラスウリ

c0051102_21470159.jpg
夏の愉しみ、暗闇(18:00 ~ 22:00頃)に咲くカラスウリの花。
花びらの繊細なレースは見飽きることがない。
気ままに伸びている蔓に蕾を見つけると、日暮れを待ってカメラを持ち出す。
撮りやすいところには咲いてくれないから、手持ちで撮るほかない。
懐中電灯やら ヤブ蚊よけの蚊取り線香やら 踏み台やら…。
それでも満足なものは撮れない。
というわけで 限られた能力と機材で毎年チャレンジということになる。
愉しみは尽きない。


[PR]
# by harappasan | 2015-07-16 21:49 | 花・花・花

梅の実の季節はジャム作り

毎年この時節 庭の梅でジャムを作ります。
梅干し作りの上手な友人が亡くなってから、私にもできるジャムになりました。
料理に疎いので、少しでも手間をかけない方法を・・・と考えていますが、
採れたての新鮮な実なので 料理の腕はいらないようです。

超 シンプルな作り方を紹介します。
c0051102_19233054.jpg
ホーロー鍋 または 土鍋に 梅の実(熟したのがよい) 600g と 水 400cc を入れ
煮立ったらすぐ湯を捨てる
c0051102_19255658.jpg
砂糖 300g と水 50cc を加え 煮立ったら弱火にして
静かにかき混ぜながら20分くらい煮る。特にあくは掬わない
c0051102_19264048.jpg
皮と実が溶けてトロトロになったら火を止めて種をつまみ出す
熱いうちに熱湯消毒したビンにつめ、冷めてからフタをする
この種はなめると美味しいので 捨てずにお茶うけにどうぞ
[PR]
# by harappasan | 2015-06-18 20:29 | 日記

紫陽花・あぢさゐ・Hydrangea

c0051102_07084049.jpg
6月は雨の日が多いけれど好きな季節
日が長く たくさんの花が見られるから
特にあじさいは何処を歩いていても目に入り
種類も多くて楽しい
c0051102_07085302.jpg
c0051102_07091521.jpg
c0051102_07082286.jpg


[PR]
# by harappasan | 2015-06-07 07:20 | 花・花・花

ハイセンスな古代人

c0051102_09082508.jpg
緑の深くなった梅雨前の一日 千葉県の佐原を巡るウォーキングに参加。
途中で案内された国立民族博物館の素晴らしさに驚嘆した。
膨大な資料が 予備知識が全くない私にも楽しく見られるように展示されていて、
限られた時間ではとても見切れるものではない。
一番感銘を受けたのは、日本各地で発掘された五千年前の土器の数々。
そのデザインの美しさ センスのよさに圧倒されてしまった。
古代の人たちもおしゃれだった!


[PR]
# by harappasan | 2015-06-05 09:13 | 日記

朴の木の花(Magnolia Obovata)


一番好きな花、ホウの花の季節になった。
1m位の苗を植えて70年になり、葉も花も小さくなった。
山の木が 都会で育ち枝を落とされているからだろうか。
でも毎年ちゃんと咲いてくれる。有難う!
c0051102_9401253.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-04-30 09:42 | 花・花・花

街の春

いつもは用事で通り過ぎるだけの街
今日は思いがけないチューリップに足がとまった。
季節の変化の乏しいビジネス街にも春を感じて嬉しかった。
京橋交差点付近にて。
c0051102_15313534.jpg
c0051102_15315043.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-04-18 15:34 | 花・花・花

さくら・さくら

今日 東京の桜が満開という。
展覧会の帰りに歩いたお堀端はのどかだった。
c0051102_2239066.jpg

c0051102_22393487.jpg
c0051102_22403225.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-03-29 22:40 | 花・花・花

殺風景な銀座

春分の日の銀座。歩行者天国の六丁目付近。
松坂屋が取り壊され、ここ一区画に一つの巨大ビルが出来るらしい。
何とも殺風景な風景になっている。
c0051102_2327043.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-03-21 23:28 | 日記

アラブの印象 4 Sharjah Calligraphy Museum

アラブ首長国連合のうちのひとつシャルジャ首長国の旧市街、
白い壁にはさまれた細い路地を抜けた所にある「Calligraphers'Studio」
日本でいえば書道会だろうか。
その隣にある小さな美術館に案内された。
アラビア文字の美しさは知ってはいたけれど その芸術的な作品の数々に完全に魅了されてしまった。
文字が全く読めないので 文の内容が分からなのが本当に残念だった。
c0051102_22512015.jpg
c0051102_22533937.jpg

c0051102_22562858.jpg

c0051102_22572547.jpg

c0051102_225515.jpg
c0051102_22552634.jpg

c0051102_234179.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-02-08 23:04 |

アラブの印象 3

アラビア半島の南東あるオマーンは1970年に独立した新しい国。
人々が国王を愛し尊敬している穏やかな国という感じで認識を新たにした。
砂漠と岩山の間を縫う整備された広い道路は快適で、
税金ゼロ、5歳から17歳までの義務教育は無料、ガソリン1リットル40円、
治安がよく、事件を起こすのは外国人がらみとのこと。
国民のほとんどがイスラム教で、街々のモスク(イスラムの教会)が美しい。

首都マスカットの中心にある壮麗な「王のモスク」に驚かされた。
c0051102_231470.jpg
c0051102_2312932.jpg

街や砂漠のオアシスの村の小さなモスクが可愛くて
走るバスの中から夢中でシャッターを切った。
c0051102_234329.jpg

c0051102_23102193.jpg
c0051102_2311681.jpg
c0051102_23113993.jpg
c0051102_2312422.jpg

これは建築中の国立の大きなモスク
c0051102_23154498.jpg

[PR]
# by harappasan | 2015-01-13 23:16 |